膀胱炎が再発しないように予防する

膀胱炎が再発しないように2つのポイントについて説明します。

排尿を我慢せずどんどんトイレへ向かう

1番目は<水を飲む量を多くして尿の量を増やして、排尿を我慢しないこと>です。

尿の中には、少しの量ですが「アミノ酸」や「ブドウ糖」などの栄養分があります。

膀胱の中はほどよい温度ですから、もしも細菌が入ってきたら好都合な環境です。

尿を長い時間蓄積しているのは細菌が増殖するリスクが増えるのです。

膀胱炎を繰り返して慢性化している患者様は、日常から水分を多めに飲むように習慣づけてください。

そして尿意を感じたら我慢せずにトイレに行きましょう。

水分を多めに飲む事によって尿の量が多くなります。

腎臓で作られている尿は基本的に無菌状態です。

だから膀胱の中を綺麗な尿で洗い流してくれるわけです。

海外の赴任地によっては水の環境が日本と違って安全な水を確保が難しい場合もでてきます。

水そのものが寄生虫・ウイルス・細菌に汚染されていれば、それによる疾患の懸念もあります。

水が原因になる<腸管系感染症>には注意をしましょう。

純度の高いお水を沢山飲んでカラダのサイクルに変化を与える

ミネラルウオーターなどの安全な水を飲むことをお薦めします。

もしも、ミネラルウオーターが入手できないならば、水道水をまずは煮沸しましょう。

そして、飲料水消毒用の次亜塩素酸等を入れて、消毒剤の味が残っている間に飲んでください。

2番目は<膀胱炎の原因になる過労を避けるようにして、身体が冷えないように注意すること>です。

人間の尿路には本来「尿による洗い流し作用」以外にも感染に対する「防御作用」があります。

身体が冷えたり疲れすぎると、この感染防御機能の働きが悪くなります。

海外の赴任地で膀胱炎が再発した場合は、適切な医療を受けることが困難なケースもあるでしょう。

膀胱炎が再発しやすい人は、海外赴任する前に必要な検査を受けておきましょう。

医師から説明を受けて抗生物質を処方してもらうことも必要です。

膀胱炎の症状がでたら医師の指示に沿って抗生物質を服用しましょう。

大切なことは服用量や期間についてきちんと説明してもらって理解しておくことです。