脂肪肝に関する診断や治療など

脂肪肝の基礎知識

中性脂肪が肝細胞に必要以上に蓄積した状態のことを<脂肪肝>と呼んでいます。

よく言われるのがフランス料理「フォアグラ」を例にあげることです。

肝臓は「フォア」脂肪が「グラ」です。

フォアグラの意味はこってりと脂肪がのって肥大した肝臓なのです。

脂肪肝の状態にある人に肝臓の精密検査をして顕微鏡で観察します。

すると肝小葉の3割以上の肝細胞に脂肪滴が蓄積しています。

(※肝小葉=肝細胞の配列によって小さい葉っぱのような構造を形成する場所)

人間ドック検査を受診したときに「腹部エコー検査」や「血液検査」で脂肪肝であると指摘された人も多いでしょう。

脂肪肝の原因は次のようなものがあります。

・栄養過多による肥満
・過度な飲酒習慣
・糖尿病や内分泌の疾病
・副腎皮質ホルモンやテトラサイクリンなど抗生物質など薬剤の服用

健康な場合の肝臓の中の脂肪は一定して維持されています。

何らかの阻害要因により過剰に増えてしまった脂肪が肝細胞に蓄積します。

その結果として細胞内の小器官が圧迫されることになります。

肝臓の機能が低下して身体にいろいろな障害を引きおこしてしまいます。

脂肪肝の診断や治療はどのようにするのでしょうか?

脂肪肝の診断や治療はどのようにするのでしょうか?――具体的に見て行きましょう。

まずは【脂肪肝の診断】です。

血液生化学検査(肝機能検査)

脂肪肝になると血清トランスアミナーゼの数値が上昇します。

大抵は100単位以下のケースが多いです。

慢性肝炎とは違ってあまり数値は変動しないのが特徴となっています。

栄養過多による脂肪肝の場合はGPT優位のことが多くなります。

アルコール性脂肪肝の場合はGOTが優位になります。

コリンエステラーゼ(ChE)、γGTP、ALP等の数値も上昇する所見が見られます。

一般的にはそれほど大きな上昇は見られませんが<アルコール性脂肪肝>のケースはγGTPの数値が300単位を越える場合もあります。

腹部超音波検査

肝機能検査で脂肪肝の疑義がある場合、2次検査として肝臓の精密検査は一番確かな診断方法です。

けれども多少の検査リスクもありますし入院が必要です。

最近では「CT検査」や「超音波検査」で確定診断するケースが増えています。

超音波検査で診断される特徴的所見は次の4つになります。

1番目は肝内エコー輝度が上昇することです。

脂肪が肝臓に固まっている状態になると肝臓の内部がキラキラと輝きます。

高輝度は特徴的所見です。

2番目は肝臓と腎臓のコントラストが増大することです。

肝臓は脂肪滴によってキラキラと輝くように写ります。

腎臓は脂肪があまり蓄積しないので黒く撮影されます。

このように強いコントラストを示す特徴的所見があります。

3番目は肝深部エコーの減衰がみられることです。

肝臓内の多くの脂肪の固まりにより反射します。

超音波の波長が肝臓の深部に到達することを邪魔します。

よって深部エコーが減衰してしまい肝臓深部の画像が不明瞭になる所見が見られます。

4番目は脈肝の画像が消失することです。

3番目に紹介した現象と同じです。

肝静脈や門脈の画像が不明瞭になります。

次は【脂肪肝の治療】について説明します。

原因が明確ならば、その原因の除去が大原則になります。

1番目は<栄養過多による脂肪肝の場合>です。

1日の摂取カロリーを抑えましょう。

体重を減量してダイエットすれば改善できます。

「アルコールを控える」「間食を止める」ように食生活を改善します。

ジョギングやストレッチやウオーキングなどのエクササイズを1日20分程度を継続するのも効果的です。

2番目は<アルコール性脂肪肝の場合>です。

禁酒するのは絶対条件です。

脂肪肝がある糖尿病のケースでは1日に1600カロリー20単位の糖尿病基本食をまずは覚えることです。

糖尿病の進行具合により「インスリン注射」や「経口糖尿病薬」も必要になってきます。